烏龍茶仕入れの旅2018 その5 台湾茶の聖地 大禹嶺と梨山へ

聞香堂の特攻隊長ユタカです!

怖いとか危ないミッションは全部僕にお任せ♪ ということで、前回は濃霧の中、
狭い山道を左ハンドルのレンタカーで爆走しました。

今回も標高1000mの「仁愛郷」から3000m以上の武陵を超えるルートを
通ります。

今回の目標は大禹嶺と梨山の茶畑を確認しに行くというミッション。

さて、聞香堂の一行は無事に目的を果たせるんでしょうか?!

仁愛郷の朝の風景

お腹が空いては戦ができぬということで、まずは朝ごはん。

山の中ということもあり、野菜以外は保存食な品々

お腹もいっぱいになったところでお宿をチェックアウト。

仁愛郷の温泉地が標高1300mと台湾イチ高いところにあるので、小一時間
車を走らせるだけですぐに標高2000mほどに到達します。

見ろ!人が○ミのようだ!じゃなくて笑
眼下500mの家々が本当に米粒みたい。

更に30分ほど走ってようやく武陵へ到着。

武陵の山麓にかかる雲も今日は少なめ。

心配していた霧も今日はまだ大丈夫そう。

そこから更に進むこと30分ほど。

梨山と大禹嶺の分岐点にて。

梨山(左)と大禹嶺(右)への分かれ道を大禹嶺(右)に向かって進みます。
指差してる方は梨山です。

T字路にある大禹嶺と梨山の碑

右に行ってしばらくすると、大禹嶺の看板が有ったので記念撮影。

標高2565m地点

そこから少し走ったところに湧き水が流れている休憩場所を発見!

山のマイナスイオンを浴びる、店主アンドリュー。

また少し行くと片道交互で渡るしか無い短い鉄橋が有ったので、はいポーズ♪

左はユタカ、中はスエさん、右はヨコちゃん

あちこち降りてるのでのんびりしてるように見えますが、実は写真を撮るため
だけなので車からサッと降りてサッと乗って次へ移動してます(;´Д`)
これが意外と大変なんですw

少し進むと大規模ながけ崩れの跡!

見上げながら撮った、礫岩だらけのがけ崩れの跡。

細かいがけ崩れの跡はいっぱいありましたが、ここまで大規模な崩落現場は
修復工事中のところ以外にほぼありませんでした。

手前の石は小さく見えるけど一つが1mくらいのサイズ!
自動車に落ちてきたら簡単に潰れるサイズ。。。怖っ

地質が細かい岩の集まりなので地震でとても崩れやすいし、修復してもすぐに
また崩れるの繰り返しで大禹嶺から花蓮県へのバスルートが廃線になったほど。

大禹嶺側はこれ以上探索ができないので諦めて梨山へ向かうことにしました。

そして30分後。。。

あれ?
あれれ?

向こう側の道が崩れてるのがおわかりだろうか。。。

せっかく梨山に向かって来たのにまた崩落現場やんけ~!!!

先頭まで歩いて見に行ってみるも。。。

開くまで進めまてん。

しかもどうやらあと1時間ぐらい通れないらしい。

到着時で僕らの前にもそこそこの数の車両が並んでたけども。。。

停車していると、どんどん後ろに車が列をなしていきます。

周囲になんにも無い山道なので、当然自販機もなければトイレもない。

そう、トイレがないんです。
でもこんなときに限って狙いすましたかのように行きたくなるじゃないですか。
しかし渋滞の列がずーっと後ろまでのびてるのでその辺でするわけにも行かず。。

えぇ。そうです。お察しの通り。
時間だけは十分に有るので、この際だから散歩も兼ねて山道を最後尾までずーっと
歩いてお花を摘んでまいりました♪

しばらくのんびり待っているとザワザワしてきたので、どうやらもうすぐ通れる
ようになるみたい!

進んでみたらとんでもない景色が!

頭上や足元が崩れない保証がない。。怖。。

崩落現場から梨山に向かって30分ほどすると。。

左の白い袋は梨の袋で奥が茶畑。

梨山と言われる由来の通り、茶畑と梨や桃などの果樹園が混在しているのを
多く目にするようになります。

こういう環境だから梨山茶は果物の香りをまとってるんだなぁと一人納得。

ただ、傾斜がきつかったり土が少ないためか、阿里山で見たようなキレイな
茶畑に出会うことはほぼありませんでした。

30分もしないうちに梨山国家風景区へ到着。

梨山国家風景区に入ります。

山奥なのに栄えていて不思議な感じ

国家風景区とはいえ観光地の中心らしく栄えていてファミマとかもありました。

眼下の茶畑に白い粒粒が見えるのは果樹の袋

梨山のモニュメントの前で記念撮影。

ちなみに時期じゃなかったのですが、梨山は楓(カエデ)の景観が美しいことでも
知られているそうで、街なかに見どころの案内看板がありました。

楓の谷と呼ばれてるみたい。

ネットで調べるとキレイな写真がたくさん出てくるので、お茶の仕入れ以外にも
また来てみたくなりました。

とはいえもう時間もあまりないので、急いで茶園さんへ畑や製茶の様子を見せて
もらいに交渉しに行きます。

手当たりしだいに特攻しますが中々上手くゆかず。

忙しかったみたいでちゃんとお話ができず。。

今日は老板が居ないとのことで退散。

なんて書いてあるのかもちろん読めませんw

ちょうど皆さんの休憩時間だったのか、うまく交渉できず街から遠ざかります。

こんななか収穫した茶葉を日光萎凋していた茶師さんがいたので交渉して写真を
撮らせていただきました。

断崖絶壁に作られた日光萎凋の作業場。

作業場の向こう側に斜面が見えます。

ちょうど向かいの山肌の急斜面が茶畑

時間の関係で遠影だけ攝らせていただきましたが、どうやって茶園に降りるのか
周囲を見渡しましたが全く道がありませんでした(;´Д`)

いやぁー、伝わるか分からないですけど本当にすごいところで作ってるんですよ!
これで美味しいんだから値段も高くもなるなーとまた一人で納得したわけです。

お世話になった茶師さんにお礼とお別れを告げて、また崩落現場と3000m級の
山を超え、薄暗くなってきた山道を4時間ほどかけて台中へ戻りました。

晩ごはんは逢甲(ホンジャー)夜市で。

帰りは霧とか出なかったのでだいぶスムーズに帰れました♪

なんとかミッションを達成したという事で、夜市で食べた美味しいものの画像を
置いときますね。

シードライブのシーはオイシーもののシー(違

今回の経験からお伝えできることは、もし皆さんが梨山に行く計画を建てるなら、
ちっとも予定通りになんか行かないですので(笑)、グーグルマップなどで出る
所要時間を当てにせず、一泊多く余裕を見るぐらいの気持ちで計画することを
強くオススメ致します!

次回は日本人が一番良く知っている台湾烏龍茶の聖地「阿里山」へ向かいます!
お楽しみに~♪

台湾烏龍茶仕入れ旅2019 その2 ~南投のお茶屋さんへ~

台湾烏龍茶仕入れ旅2019 その3 ~台湾の美味しいフルーツと日月潭~

関連記事

  1. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記3【台湾かき氷を食べる!】

    このブログは聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記のシリーズ第3回目です。聞香堂スタッフのユタカです…

  2. 烏龍茶仕入れの旅2018 その2 美味しいものがいっぱい!「逢甲…

    高級台湾烏龍茶専門店、聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!スタッフのヨコです。201…

  3. 烏龍茶仕入れの旅2018 その7 ~阿里山と嘉義~

    高級台湾烏龍茶専門店、聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!スタッフのヨコです。201…

  4. スローマルシェ限定中華まんの巻。

    こんにちは!聞香堂スタッフのゆたかです。お初の方ばかりなので、軽ーく自己紹介なぞを。…

  5. 本格台湾烏龍茶の本格的な淹れ方 〜家庭用〜

    こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂です!当店では、台湾烏龍茶を「香りを聞いて五感で堪…

  6. 台湾烏龍茶仕入れ旅2019 その1 ~逢甲夜市で台湾グルメに出会…

    高級台湾烏龍茶専門店、聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!新人スタッフのさわこです。…

  7. なぜ聞香堂は手摘み茶葉を使用するのか?

    こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂です!当店では、台湾烏龍茶を「香りを聞いて五感で堪…

  8. 烏龍茶仕入れの旅2018 その6 ~阿里山へ~

    高級台湾烏龍茶専門店、聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!スタッフのヨコです。201…

PAGE TOP