台湾烏龍茶仕入れ旅行記3【台湾かき氷を食べる!】

このブログは聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記のシリーズ第3回目です。

聞香堂スタッフのユタカです。

前回は迷子になってからの逢甲夜市(ほんじゃーよいち)1日目の台湾かき氷屋さん
に向かう手前までをご紹介しました。

ではさっそく前回の続きからどうぞ。

最初に入ったマンゴーかき氷のお店は
ここ「逢甲氷菓室」さん。

「逢甲氷菓室」さんの店頭の様子。

内装までおしゃれだったので、思わず
沢山写真を撮らせていただきました♪

やはり女子率高めです。

人気順のボードは読めないけど、写真でメニューがわかるのが良いですね♪

人気No.1はメロンのカキ氷らしい

値段は150元(約600円)くらいから、180元(約720円)くらいまで。

1元≒4円≒1ドル表示。

メニューに日本語も表記してあってとても読みやすい♪

やはり台湾かき氷の本場だけあって色々な種類がありますが、やっぱり注文する
なら芒果雪花冰(台湾風マンゴーかき氷)は外せないのです!

見て下さいこの果肉のサイズ!(笑)

もう日本とマンゴーの質が違いすぎる!!!

今そこの木で取ってきたよっ!って言わんばかりの完熟度!!

果肉のうまさに一同悶絶♪

マンゴー果汁でできた氷はフワフワで、スプーン自体の温度で溶けていく
ぐらいのクオリティ。

これが日本で作れたら売れないわけがないw
ボリューム感もあるので、二人でシェアして食べるのもいいかも!

この他にも、

メロンの器に入ったメロンかき氷

こんなのとか、

黒タピオカとカフェオレのカキ氷

こんなのも頼んでテーブルに来た時にはなかなか壮観でした。

器の大きさがおかしいw

いやー、あのサイズのカキ氷3つは男3人でも体が冷えますね(^▽^;)

しかし外に出たらやっぱり南国台湾。

もう夜21時ぐらいなのに暑いし熱い!!

これじゃさすがに寝苦しいよねー、なんて話しながらホテルへもどる途中で
和風居酒屋さんを発見したので、美味しい創作和食をつまみに金牌で一杯。

店主は日本の和食店で働いたことがあるらしく、なかなか美味でした♪

ちょっと余談ですが、台中(逢甲)の皆さんはここまで食には貪欲なのに、遊びは
物凄くチープなUFOキャッチャーがメインというか、もう本当に遊びがこれしか
ないんじゃないか?というぐらい、逢甲周辺ではテナントさえあれば小さくて
大量のUFOキャッチャーしか置いていない無人店舗を沢山見かけます。

夜市の中にも

近所の通りにも

コインランドリーの前にまで。

ちょっと話のタネにやってみましたが、UFOキャッチャーのぬいぐるみをつかむ
手の部分がものすごい弱くて、天井まで上がるとぶつかって「ガンッ!」って
開くんですw

どうやったら取れるのか全く想像できないのでやめました(苦笑)

さて、次回からはお茶問屋のある「南投県」を目指します。

お楽しみに!

今シーズン最後!?9月のSlowマルシェ

Slowマルシェに出る聞香堂はコダワリのカタマリ!

関連記事

  1. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行10 祝山(ジューシャン)

    高級台湾烏龍茶にこだわった聞香堂(もんかどう)の面々が体験した台湾の魅力をお伝えするブログ。…

  2. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記2【食の最先端、逢甲夜市へ!】

    高級台湾烏龍茶の素晴らしさをご紹介する聞香堂のブログにようこそ♪聞香堂スタッフのユタカです。…

  3. なぜ聞香堂は手摘み茶葉を使用するのか?

    こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂です!当店では、台湾烏龍茶を「香りを聞いて五感で堪…

  4. なぜ聞香堂はテイスティングを行うのか?

    こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂です!当店では、台湾烏龍茶の最大の魅力である「香り…

  5. 聞香堂(もんかどう)茶葉の産地

    こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂 (もんかどう)です!当店では、台湾烏龍茶を「香り…

  6. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記5 山の上のお茶問屋(休憩)

    このブログは、食に関して徹底的にこだわる聞香堂(もんかどう)がお送りする台湾烏龍茶仕入れ旅行記です。…

  7. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記4 山の上のお茶問屋(前編)

    このブログは聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記のシリーズ第4回目です。聞香堂スタッフのユタカです…

  8. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記7 台中の水産漁港

    このブログは台湾に仕入れに行った聞香堂の面々の体験をまとめた旅行記です。聞香堂スタッフのユタ…

PAGE TOP