聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行11 茶園へ

台湾と台湾烏龍茶の魅力をお伝えする台湾ブログ担当のユタカです!

前回は祝山(ジューシャン)でご来光と壮大な雲海を見て阿里山新駅へ戻って
くるところまででした。

今回は阿里山にあるお茶農園と製茶の様子をお伝えしたいと思います。

阿里山には石壁、樟樹湖、梅山など沢山の茶区がありますが、なかでも石棹
(シーツォ)は古くから交通の要所で、多くの製茶農家や茶畑が集まっています。

「石棹(=石卓)」にはその昔、真四角の大きなテーブルのような奇岩があり、
そこにハッキリと足跡が刻まれていたため、仙人が残した遺跡だという言い伝え
があり「石卓」と呼ばれるようになったそうです。

今回はこちらに向かうことにしました!

石卓の位置関係 @GoogleMap

地図の右側が阿里山、左上のピンが奮起湖、その下の方が今回向かう石卓。

阿里山国家風景区からタクシーでゆっくりと茶畑を確認しながら3,40分は
走ったでしょうか。

周囲には道路からすぐ上がれるところに茶畑がたくさん広がっています。
さっそく降りて散策することに。

茶園の間にちょっと開けた小路があり茶畑の間を見て回ることが出来ます。

どの畑も急な斜面なので歩いて回るのが本当にきついw

疲れて二人に置いて行かれたw

何カ所か回りましたが全てが山頂に近い斜面でお茶を栽培しています。
少しでも高いところで栽培している方が高く売れるという事情からでしょうか。

実際は高度だけじゃなくちゃんと育てる農家さんの想いが重ならないと、同じ
阿里山でも美味しいお茶は出来ないという事がこの後分かりました。

中には明らかに機械で収穫した畑があります。

茶樹もダメージを受けていますし、葉の断面が茶色いのが分かると思います。
茶葉が収穫時に大きく傷つくと、繊細な台湾烏龍茶の発酵にばらつきや余計な
酸化が起きてしまい、すごく味が落ちます。

ちなみに発酵しない日本茶は、ほとんどが機械摘みです。
美味しい手摘みの日本茶もありますが、ご存知の通り非常に高価です。

そんななか、移動中に陽の光に照らされてとてもきれいな茶畑が目につきました。

想いの見える丁寧な仕事ぶりが伺えます

運ちゃんに頼んで引き返してもらってしばらく茶葉をみてみると明らかにここは
手摘みでやってる!と分かるほど。

有機肥料のタンクには素材も書かれている

今回お世話になったのは「御統茗園(ヨントンガーデン)」の老板娘(女主人)
「荘(ツァン)」さん。

阿里山茶の看板を案内する荘さん

お邪魔すると、茶園の説明などをしてもらいながら、みんな揃っておススメの
阿里山茶を一服頂戴しました。

斜面を走り回っていたのでホッと一息♪

お話を聞いてみると、阿里山紅茶も作っているそうでご馳走になることに。

右が阿里山紅茶の缶

うぉ!
何だこりゃ!Σ(・ω・ノ)ノ!

紅茶になにも入れてないのにほんのり甘い!
やだ美味しい(*´ω`*)

美味しい阿里山紅茶に舌鼓をうちつつ、ちょうど作業が始まるところだという事で
製茶プロセスの撮影をさせて頂くことに。

読者の皆さんもなかなか写真付きで台湾烏龍茶の製造工程を見るチャンスは無いと
思います。
せっかく台湾烏龍茶専門店のブログですから、少し長いですが現地の写真と共に
その手順を辿ってみたいと思います。

1【萎凋】
キレイな茶畑から手で摘まれた新鮮な茶葉は、最初に日光の当たる場所で、次に
日陰で広げられて萎凋(いちょう=しおれさせる)されます。

短時間日に当てる日光萎凋

御統茗園の日光萎凋はこの日終わっていたので、近隣の製茶業の軒先を撮影させて
頂きました。

2【攪拌】
萎凋の後は美味しく均一に発酵させるため、竹で編んだザルにザラザラと落とされ
揺すって攪拌する事で茶葉の周囲に細かい傷をつけられます。

動作が速いのでどうしてもブレる

止まらずに一気に作業しています

3【発酵】
ザルに静置されてしばらく発酵を促します。

だいぶ発酵してきたもの

この時点でかなりいい香りがしてきています。

ここから熱を入れて発酵を停めて一気に成形していきます。

4【焙煎→圧縮】

設定された温度と時間で煎られます

これで水分が飛んで発酵が止まります。

熱いうちに指で押してもへこまないくらい固く圧縮

5【加熱→揉捻の繰り返し】

揉んで丸くするために加熱します

加熱しないで揉むと茶葉が割れてしまうため、ほんの数秒ドラムの中で熱を
入れられてまたザーッとザルに注ぎだされます。

熱いうちに手早く丸く包みます

【動画】揉捻の様子(※音が出ます)

加熱から揉捻(じゅうねん)の数回の工程で、グルグルと圧をかけながら揉み転が
される間に、皆さんが見たことのある、あの丸くまとまった茶葉になります。

数回揉捻した物

6【仕上げ】
最終的に商品に合わせて茶葉の選別がされ、商品によっては炭焙煎したりします。

老板娘の荘さんは、たっぷりと時間をかけて丁寧にお茶づくりの施設と工程を
お話してくださいました。

最後にみんなで写真を撮って御統茗園を後にしました。

聞香堂もお茶農家さんの想いと丁寧な職人さんの手仕事を経た茶葉を、香りまで
厳選してお届けしています。

次回は有名な茶芸館があったりジブリ作品「千と千尋の神隠し」の舞台になった街、
九份(きゅうふん)を目指します!

お楽しみに♪

聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行10 祝山(ジューシャン)

鳳梨酥(パイナップルケーキ)登場!4月のSlowマルシェ

関連記事

  1. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記8 嘉義(ジャーイー)

    高級台湾烏龍茶専門店の聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!ブログ担当のユタカです。こ…

  2. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行 最終回 鶯歌

    台湾ブログ担当のユタカです!何も知らなかった僕が台湾烏龍茶の仕入れについてきて、この目で見た…

  3. なぜ、聞香堂は現地買い付けをするの?

    こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂です!当店では、台湾烏龍茶を「香りを聞いて五感で堪…

  4. 台湾烏龍茶の聞香堂が仕入れに行くブログ

    高級台湾烏龍茶の楽しみを伝える聞香堂のブログへようこそ!聞香堂スタッフのユタカです。…

  5. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記1【台北から台中まで】

    高級台湾烏龍茶の素晴らしさをご紹介する聞香堂(もんかどう)のブログにようこそ♪聞香堂スタッフ…

  6. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行10 祝山(ジューシャン)

    高級台湾烏龍茶にこだわった聞香堂(もんかどう)の面々が体験した台湾の魅力をお伝えするブログ。…

  7. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記3【台湾かき氷を食べる!】

    このブログは聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記のシリーズ第3回目です。聞香堂スタッフのユタカです…

  8. 台湾烏龍茶仕入れ旅2019 その1 ~逢甲夜市で台湾グルメに出会…

    高級台湾烏龍茶専門店、聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!新人スタッフのさわこです。…

PAGE TOP