台湾烏龍茶の美味しい淹れ方 〜聞香杯を使う場合〜

こんにちは、「香りを聞く」と書いて、聞香堂です!

当店では、台湾烏龍茶を「香りを聞いて五感で堪能!」を
コンセプトに活動しております。

このブログでは、日々の活動の様子から美容や健康に役立つ
台湾烏龍茶の豆知識までお伝えしております。

さて、本日は美味しい淹れ方第3弾!と題しまして、
聞香堂で最も推奨しております茶器セット+聞香杯がある
淹れ方についてお伝えしていきます!

準備するものは「お湯、茶海、茶器、茶杯、聞香杯、茶葉」の6つです。
聞香杯とは、本格台湾烏龍茶の最大の魅力である「香り」を
楽しむための器で、聞香杯(写真では中央やや左の細長い器)を使うことで、
より一層本格台湾烏龍茶を楽しむことができます!
茶器セット&聞香杯

では、聞香杯を使った場合の淹れ方を
6つの手順で説明していきます。

手順①:90〜100度のお湯を準備します。
沸騰するのを待ちながら、スプーン2杯分(約5g)の茶葉を茶器に入れます。
茶器一杯に沸騰したお湯を入れ、灰汁や雑味を取り除くために1分間蒸らします。
茶葉を広げ、そのお湯を捨てます。
img_2690

手順②:再度お湯を茶器に入れ、1分30秒〜2分ほど待ちます。
待っている間に、聞香杯(細長い茶碗)や茶杯に熱湯を注ぎ、
茶を淹れた時に香りがより引き立つように聞香杯(細長い茶碗)や茶杯を温めます。
※お湯の温度が下がっていたら、必要に応じて再沸騰させてください。
2杯目以降を飲む際は、1煎ごとに30秒~1分ずつ伸ばして、お飲み下さいませ。
img_2779

手順③:茶器のお湯を茶海(ピッチャー)に注いで下さい。
茶海(ピッチャー)に入れることで、濃さや水色が均一になります。
img_2701

手順④:茶海(ピッチャー)に注いだお湯を茶杯に入れてください。
img_2740

手順⑤:聞香杯や茶杯のお湯を捨て、茶海(ピッチャー)から
聞香杯(細長い茶碗)にお茶を注いでください。
手順5

手順⑥:茶杯をひっくり返し、聞香杯(細長い茶碗)にかぶせ、
それらをさらに上下反転させます。
手順6

聞香杯(細長い茶碗)を茶杯から取り出すと、お茶が茶杯に注がれます。
※器のお湯の温度が高い程、香りが引き立ち、
聞香杯の水分が乾き切るまで上品な香りを
お楽しみ頂けるので、リラックスしたい時に最適です!

完成
聞香杯の香りを嗅いだら、茶器に注がれた
台湾烏龍茶の上質な味わいをお楽しみくださいませ。

以上が、聞香杯を使った場合の淹れ方です。
お客様をおもてなししたい時や台湾烏龍茶を
楽しみたい時に特にオススメです!

次回の投稿もお楽しみに!
では、本日もより良い1日をお過ごし下さい。

台湾烏龍茶の美味しい淹れ方 〜茶海(ピッチャー)を使う場合〜

聞香堂(もんかどう)茶葉の産地

関連記事

  1. 台湾烏龍茶の聞香堂が仕入れに行くブログ

    高級台湾烏龍茶の楽しみを伝える聞香堂のブログへようこそ!聞香堂スタッフのユタカです。…

  2. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行 最終回 鶯歌

    台湾ブログ担当のユタカです!何も知らなかった僕が台湾烏龍茶の仕入れについてきて、この目で見た…

  3. 烏龍茶仕入れの旅2018 その2 美味しいものがいっぱい!「逢甲…

    高級台湾烏龍茶専門店、聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!スタッフのヨコです。201…

  4. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行12 九份

    聞香堂(もんかどう)の台湾ブログへようこそ!カメラマンのスエです。今回はオイラが主役だよ…

  5. 烏龍茶仕入れの旅2018 その3 新しい茶葉を求めて「南投のお茶…

    聞香堂スタッフのユタカです!タイトルの通り、この回は台湾の真ん中、南投県のお茶問屋さんを訪ね…

  6. 聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行9 阿里山へ

    高級台湾烏龍茶専門店の聞香堂(もんかどう)のブログへようこそ!台湾ブログ担当のユタカです。…

  7. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記4 山の上のお茶問屋(前編)

    このブログは聞香堂の台湾烏龍茶仕入れ旅行記のシリーズ第4回目です。聞香堂スタッフのユタカです…

  8. 台湾烏龍茶仕入れ旅行記1【台北から台中まで】

    高級台湾烏龍茶の素晴らしさをご紹介する聞香堂(もんかどう)のブログにようこそ♪聞香堂スタッフ…

PAGE TOP